スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真心のこもった施術を!

昨日の授業、都留から久しぶりに来た原田先生ですが、日頃の施術疲れかかなりカラダが悪くなっているご様子。

右脚に坐骨神経痛が出ていたので、後半は公開施術になりました。

神保先生が検査の後に腰椎、C1をパパッと矯正して骨盤ドロップ。

先日のスクール後の講習会で教わった落とし方でした。

その後、私がJNTの股関節回転と伸展、胸椎の矯正とⅡのブロックを担当して、江角先生がトドメのクラニアルという流れで施術。

でも授業の後に原田先生からダメ出しを頂きました。

股関節の回転の前に脚を内側に曲げたのがかなり痛かったそうです。

「自分のペースで機械的にやるのではなく、患者さんの表情を見ながらやんなきゃ…」

ごもっともですm(_ _)m

慣れてくるとついついそういった基本が疎かになってしまいますね。

素直に反省しました。

実際にカラダに痛みを抱えている患者さんには尚更、気配りが大切ですもんね。

そういえば亡くなった父に生前、同じように股関節回転した時にも痛いと言われたことがありましたっけ…。

奢ることなく、基本に立ち返って真心のこもった施術を心がけないといけませんね。

いい勉強になりました!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました。
まぁ、ダメ出しではないですが、
痛かったんだもん…(。-_-。)

実際に患者さんを施術する場合は、
反応を見ながらが、いいと思います。
信頼して身を任せてくださるのですからね〜(*^_^*)

No title

富士山さん

そうですね、患者さんの気持ちに立って丁寧に施術するよう心がけます。

またアドバイスくださいね!
プロフィール

京之助

Author:京之助
徳島県出身・うお座のA型。JN整体スクールで修行し、現在さいたま市緑区で京之助カイロ整体院を営業中! 趣味は歌とギターとお酒~♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。