スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老眼の悲哀~

同年代の人と飲むときにいつも話題になるのが「老眼」。

この歳になると多かれ少なかれ、症状は出てきちゃいます。

私が老眼を自覚したのはある日、手の爪を切ろうとしたときにちょうど目から20cmぐらいの距離の焦点が合わなかったこと。

あれっ? み、見えないぞ???

30cmぐらい離すとビシッと見えるんだけど、いつもより遠くなる訳だから、細かい作業がやりにくくて。

あと、満員電車で吊り革につかまりながら文庫本を開いたときもやっぱり文字が見えなかった。

満員電車だから頭を後ろに反らす訳にもいかず、本を閉じてしまいました(泣)

仕事柄、細かい文字の校正作業があるんですが、そんなときはもう、眼鏡を額に上げて「マクロモード」で見るしかないですね(大泣)

それで辛抱たまらず、去年の春先に遠近両用メガネを新調しました。

お、見える、見える、よーく見える!!

イライラしていた20cmのところにバッチリ焦点が合います!

ただ最初は距離感の違いに四苦八苦(汗)

歩いていると、段差がないところに段差があるように見えてヒヤッとしたり。

でも人間の感覚って上手く順応できるようになっていて、1週間後にはフツーに見えるようになりました。

ただね……1年近く経つと、悲しいかなまただんだん元に戻ってきてしまってます。

仕方がないので、少し眼鏡を鼻先のほうにズラすようにして何とか凌いでいる今日、この頃…。

大村崑(ちと古いか…)状態です~(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分は遠くが最近特に見えなくて困っています。自覚症状はありませんが血圧も高くなり、体のあちこちに油ささないといけないなぁなんと感じます。
お互い年は取りたくないですが、こればかりは避けられませんね♪
暦はもう3月なのにまだまだ寒いですね♪
京さんは今年はどんな1年にするのかな?

No title

やっさん、コメントありがとうございます。

そうなんですよね、気持ちは若くてもカラダのあちこちにガタがくるお年頃で…。お互いに健康には注意しましょうね。

さあ、今年はどんな年になるのでしょうね(笑)。

開業に向けてまずはいろんなことを徐々に整理するところから始めないと…。
プロフィール

京之助

Author:京之助
徳島県出身・うお座のA型。JN整体スクールで修行し、現在さいたま市緑区で京之助カイロ整体院を営業中! 趣味は歌とギターとお酒~♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。