スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

患者さんの話の中にヒントはあるんです!

50代男性の患者さん、Yさんの症例です。

首痛、肩痛、腰痛のほかに左手指先のシビレで来院されました。

3回の施術で検査は出なくなり、首、肩、腰はほとんど痛みが消えたのですが、どうにも指先のシビレにはあまり変化が見られず。

ということで、昨日の4回目は少し時間をかけて指の症状を集中的に施術しました。

Yさんは以前、小田原のほうにお住まいで、都内に通う電車は毎日座って通勤していたのですが、その間ガッツリと睡眠をとっていたとか。

ただ、首を前方にガクンと折った姿勢でずっと寝ていたので、かなり下部頸椎に負担がかかっていたようです。

そんな毎日を10年間続けているうち、ある時左肩から肩甲骨にかけて激しい痛みが出て、腕から指までシビレるようになってしまいました。

医者の診断では頸椎での神経圧迫が原因であろうとのこと。

その後、マッサージなどに通って肩から肩甲骨の痛みは薄れ、シビレも指先だけになりましたが、どうにもこれだけは何年も取れないという状況でした。

当院でも毎回、下部頸椎や上部胸椎の辺りから肩、肘、手首と神経の流れに沿って施術を加えていたのですが…。

それで昨日、肩甲骨の内側を押しながら

「どこかで指のシビレが消えるポイントはありませんか?」

と尋ねながら腕の角度をあれこれ変化させていくと…。

「あ、腕をこうするとシビレないなぁ」

お医者さんは「肩甲骨のところには腕の神経は通っていないから」と言ってたそうですが、どうやら神経圧迫につながる根本的な原因はここにありそうですね!

先ほどの状態を保ちながらカウンターストレイン的なやり方でしばし保持したり、肩甲骨の内側の緊張を除去したり。

さらにⅢのブロックを入れながら背中を徹底的に緩めた結果…。

「ああ、すごく調子いいよ!」

とYさん。

攻めるべきポイントが見つかったので、これで一気に指先のシビレは取れていきそうですね。

ただ、私の反省としては、Yさんからシビレが出るまでの経緯を聞きながら、「下部頸椎が一番アヤシイ」と思い込み、肩甲骨のそのポイントを見逃してしまっていたこと。

患者さんの話の中には治療の指針を考えるのに役立つヒントがちゃーんとあるんですよね。

大いに勉強になりましたm(_ _)m


☆「エキテン」にも登録を致しました。当院の施術を受けられた方、ぜひともクチコミのご協力をお願いいたしますm(_ _)m
 京之助カイロ整体院のエキテンのページ→http://www.ekiten.jp/shop_6772095/

☆神田駅から徒歩3分。カラダの不調や痛みを根本から改善しませんか?
 京之助カイロ整体院 http://www.kyonosuke.com


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

流石、歌う整体師は違う。自分も頑張らなきゃ

やっさん
毎日の施術で教えられることばかりですね。精進、精進。
プロフィール

京之助

Author:京之助
徳島県出身・うお座のA型。JN整体スクールで修行し、現在さいたま市緑区で京之助カイロ整体院を営業中! 趣味は歌とギターとお酒~♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。