スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙の卒業式

春、麗らかな今日、長男の大学の卒業式に行って来ました。

会場は大学キャンパスではなくて千駄ヶ谷の日本青年館ホール。道すがらの桜は五分咲きぐらいで、息子の門出を祝ってくれているようでしたね。

でも桜って…どちらかと言うと入学式のイメージだけどな…。

まあ、それはさておき。

息子が通っていた大学は学年で6クラスしかない、こぢんまりした学校だったから、マンモス校とは全く違って学生に対しての面倒見がとてもよく、ケアやフォローが行き届いていました。

また、少人数だから学生同士も仲が良くて、息子にも一生付き合える親友が何人も出来たようです。

そう言えば、保護者席に去年、一昨年の卒業生と思われる集団もいたから、先輩・後輩の関係も親密だったんでしょうね。

そんな濃厚な環境の学校だったから、CA(キャンパス・アドバイザー。キャビン・アテンダントではない)と呼ばれるクラス担任の職員が受け持ちの学生の名前を式で読み上げるんですが、もう最初から泣いちゃって泣いちゃって。

みんな二十代の若い人たちだから、学生はかわいい弟や妹みたいな存在だったんだろうな…。

そんな心境を推し量っていると、思わずこちらももらい泣き(涙)

その後、送辞を読んだ3年生の女の子も、答辞を読んだ卒業生代表の子もみんな感極まって鼻をぐすぐす、涙声に。

会場の保護者席でも多くのお母さんがハンカチで目を押さえていました(お父さんも若干1名)。


学校に通った年数は、幼稚園から数えて19年か…。

学園長が祝辞で「今までの卒業とは違って、今日の卒業式は“学生の身分”からの卒業」と言ってたのですが、言い得ていますね。

成人式を迎えた時も感慨深かったけど、今日もジーンときたなあ。4月からは本当の意味で大人の仲間入りですから。

社会に出ると大変な思いをいっぱいすると思うけど、自分の信じた道を真っ直ぐに進んで行ってもらいたいと思いました。

ああ、肩の荷が一つ降ろせたけど、何だかちょっぴり寂しい気分だな…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京之助

Author:京之助
徳島県出身・うお座のA型。JN整体スクールで修行し、現在さいたま市緑区で京之助カイロ整体院を営業中! 趣味は歌とギターとお酒~♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。