スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛いの痛いの、飛んでけ~

以前のブログで、お釈迦様やイエス・キリストは手を当てるだけで民衆のさまざまな病気を治すことができた、という言い伝えを書きました。

まぁ、実際にこの目で見たワケでもないので真偽の程はわかりませんが、教祖様ですからね。何らかの超人的な力を持っていたのでしょう、多分。

で、それは手を当てることで、自ら持っているパワーとか宇宙のエネルギーを患者に与えることで疾患を治したのだろうと思っていました。

我われのJNT整体にも「エネ注」があるように。

でも、数日前にハタと思いついたんです。もしかしたら逆に、患者の持っている邪気のようなものを手を当てることで取り除いたんではないか? って。

私のような凡人でも、胸椎の歪みに対してJNTの表面の6番の形でアプローチしたときにビリビリした感覚を指に感じますが、それも患部にある邪気のようなものが出ているから。

お釈迦様たちは、これのはるかにスゴイ超人的な力を備えていたのかもしれませんよ。

まあ、これは私の全くの推論で、何の根拠もないことですが。

でも、「痛いの痛いの、飛んでけ~」っていうおまじないも古くから伝わっていることだし、考え方としてはあながち間違っていないのではないでしょうかね?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京之助

Author:京之助
徳島県出身・うお座のA型。JN整体スクールで修行し、現在さいたま市緑区で京之助カイロ整体院を営業中! 趣味は歌とギターとお酒~♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。